福井の矯正歯科医院では、様々な技術を駆使して歯列の乱れの問題を改善しています。このような専門的な歯科医院では、乱杭歯を改善する治療にも取り組んでおり、この歯列の問題でお悩みの患者様を治療しています。この乱杭歯という歯列の乱れは、歯が重なり合って生えている症状で、全体的に歯並びが食い違っている状態です。特に、前歯に比べ、隣接する歯が内側に傾いているケースが多く、前歯が外側に傾いて生えている症例も典型的な症状となります。その為、これらの歯列の乱れが代表的な乱杭歯の症状となっているのです。この問題は顎と比較し歯が大きいケースや、歯が小さいことが原因で歯列のバランスを乱す事が多く、歯が正しく生えるために必要なスペースが確保されていない状態で起こります。


この症状を長期的に放置してしまうと、歯の隙間などに汚れが堆積しやすくなり、虫歯や歯周病になりますので、早期に改善する必要があるのです。一般的に、この歯列の乱れは、上下の歯にワイヤーを装着する矯正歯科(私が知っているのは福井市にある歯科)の方法が用いられます。又、症状によっては部分的な矯正も可能で、歯列の乱れている部分のみを矯正し、負担を低減して治療を受けることもできるようになっています。幼い頃はそこまで歯に対しての意識なんてものはそこまで重要なものではありませんでしたが、年を重ねるにつれて歯は人にとって脳と同じくらい大事だという事を知りそれ以降は歯磨きを怠ることなく真面目に磨こうと決めました。どうしても歯は劣化してしまいますし、年をとればとるほど段々ともろくはなりますが、それは歯磨き次第でどうにでもなると思っています。矯正歯科(福井)にいく事をキッカケに歯の大事さをより知りたいと思っています。自分で独学で勉強をし知識をつける事もとても大事な事だとは思うのですが、プロの方から聞いた話はやはり重大性が全く違います。いくら今の時代ネットが流行っているからといって上手くいく事ばかりではないという事を検索した時に知りました。



【最近とてもきになっている事があります】

矯正治療と言えば、歯のことを思い浮かべます。永久歯がまだ出ていない子供たちに矯正治療が必要だと言うと、不慣れに思われますが、矯正は、歯だけでなく、成長を利用して顔の骨格の枠組みまで正すことも含んでいます。では子供の歯の矯正はいつがいいでしょうか。矯正歯科 福井など色々な歯科医がありますが、私が知っている医院では、7歳を勧めていました。6歳から永久歯が生え始め、7歳になると、ある程度の上下の前歯の関係が形成されるからです。福井の矯正歯科では、下顎が発達したしゃくれた顎は、6歳の時から上顎の成長を促進したり、下顎の成長を抑制することで、成長を調節して治療をします。一方、上顎が過度に突出した無顎の場合は、思春期前に検査して矯正時期を決定した後、ヘッドギアと呼ばれる装置を用いて上顎の成長を調節するようにします。顔の上顎は下顎よりも左右が少し大きいです。不正咬合は、上顎を大きな容器、下顎を小さな容器に考えると理解が容易です。もし上顎の幅が狭い場合、早期治療を介して幅を広げなければなりません。大きな容器である上顎が狭いと食べ物を噛むときに頬を噛むようになり永久歯が生える場所も足りなくなり、非対称が生じる可能性があるからです。しかし、骨が互いに堅く付いた場合は、幅を広げるのが難しくなります。速いタートが治療の成否を左右する理由です。


今日も元気☆

copyright reserved. kotochimo yoroshiku onegaishimasu